観光パンフレット
無料送付致します

住所、氏名を電話・FAX・Eメール等でご連絡ください。
あつみ観光協会
〒999-7204
山形県鶴岡市湯温海甲306
TEL:0235-43-3547
FAX:0235-43-3417
メールはこちらから

あつみ温泉の誕生は今から1,000年以上もむかしに遡ります。弘法大師の夢枕に童子が立ち、その示現によって発見したとか、傷ついた鶴が草むらから湧き出る湯に足を浸しているのを木こりが見つけた、など諸説語られております。
庄内藩主酒井忠勝公が入国した後、藩公の湯役所が設けられ、以来近郊の湯治場として栄えてきました。
古くから文人墨客も多く訪れ、松尾芭蕉、与謝野晶子、横光利一など、小説、詩歌に数多くうたわれています。
1,000年にも及ぶ長い間、あつみの湯は人々に愛され守り伝えられてきました。今では山形・庄内を代表する温泉地として皆様に親しまれています。どうぞあつみ温泉で心も体もゆったりとおくつろぎください。


泉質/ ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。源泉温度68度
湧出量/ 毎分1,300リットル。1日量ドラム缶で計算するとおよそ9,360本
効能/●浴用(特効) 切り傷、火傷、湿疹、皮膚病
          (一般) 神経痛、リウマチ、婦人病、線病質、諸病回復期
      ●飲用(一般) 胆石、胃腸弛緩症、尿結石、金属中毒症、慢性便秘、
                 蕁麻疹
【共同浴場】
あつみ温泉には、住民の皆さんに親しまれている共同浴場が3ヶ所あり、どなたでもご利用になれます。 無人なので、料金箱に協力金200円を入れて入浴してください。
●正面湯午前6時〜午後11時
       (清掃時間 午前9時30分〜午前12時)
●下の湯午前6時〜午後11時
       (清掃時間 午前9時30分〜午前12時)
●里の湯午後2時から午後10時
●協力金200円
【飲泉所】
あつみ温泉には、湯之里橋と葉月橋通りの足湯のところに飲泉所が2ヶ所あります。効能は胆石、胃腸弛緩症、尿結石、金属中毒症、慢性便秘、じんま疹です。
葉月橋通りの真ん中にある足湯「あんべ湯」。通り・並木道を意味するアベニュー(Avenue)と当地の訛で塩梅(健康・調子)を意味する「あんべ」を掛けて名付けられました。 足湯に浸かりながら、のんびりした時間はもちろん、カフェやスウィーツも楽しめるちょっとオシャレな足湯です。そぞろ歩きを楽しむにはうってつけです。
●営業時間
午前10時から午後5時30分まで
●定休日
第3木曜日
 (祝日の場合は営業します。)
「もっけ」とは庄内地方の方言で感謝の意を表すときなどに使います。春は川沿いに桜が咲き誇り、秋には鮭が遡上する姿、四季折々の風情を感じる温海川を目の前に足湯に浸かれる癒しのスペースです。