観光パンフレット
無料送付致します

住所、氏名を電話・FAX・Eメール等でご連絡ください。
あつみ観光協会
〒999-7204
山形県鶴岡市湯温海甲306
TEL:0235-43-3547
FAX:0235-43-3417
メールはこちらから

[関川のしな織] 経済産業省指定 伝統的工芸品(平成17年)/市指定無形民俗文化財(平成7年)
関川集落で受け継がれてきたしな織は日本の代表的な古代織のひとつと言われています。全ての工程が手作業でなされ、しなの木の皮から糸をつくり織り上がるまで1年を要します。平成17年には国の伝統的工芸品に指定されました。現在ではバッグ、帽子、のれん等の日用品に加工され、その素朴な風合いとともに生活に彩りを添える商品として人気が高くなっています。
[村上屋の念珠の松]
[山戸能]
[山五十川歌舞伎]
県指定 天然記念物(昭和30年
この黒松は旅館の庭にあったもので、今から約400年前、盆栽の松を地植えし、これを代々庭師に手入れさせたものです。現在は庭園として、住民や観光客の憩いの場となっています。
県指定 無形民俗文化財(昭和39年)
山五十川集落に伝わる能楽で、その発祥は確かな文献もなくわかりません。謡は観世流であるが、「座揃囃子」と「恋慕の舞」は全国でも珍しい特色をもっています。明治30年頃までは120番あった曲目も今は9番だけで、毎年1曲づつ演じています。
県指定 無形民俗文化財(昭和61年)
山戸能と同じ、山五十川集落で伝承されてきた。この歌舞伎は河内神社に奉納する神事歌舞伎であり、山戸能と一緒に公演されます。演目は役者総会で決定されるが院本歌舞伎の時代物が圧倒的に多い。 昭和45年には斎藤茂吉文化賞を受けるなど、内外で高く評価されています。
[山五十川の玉スギ]国指定 天然記念物(昭和26年

昭和26年6月に国の天然記念物に指定された山五十川の玉杉は、熊野神社境内にある、根元の周囲19m、目通り幹囲10m、高さ約33mに達する杉の巨樹です。樹冠は均整のとれた半球状であるために「玉杉」の名があります。樹齢およそ1400年と伝えられますが今でも緑鮮やかです。
[近世念珠関址]市指定 史跡(平成元年)

鼠ヶ関は「白河の関」「勿来の関」と並んで奥羽三大古関のひとつに数えられ、歓進帳の舞台なった場所と伝えられています。近世の関所は、荘内に酒井氏が入部された、1662年以降に整備されました。