かわいらしく、思い切った感覚的なな目鼻立ち、大胆な洋花づくりの胴模様が特徴的でボリューム感あふれる独特な型のこけしです。
温海こけしの初代の工人は阿部常松で福島県土湯、宮城県青根、山形県蔵王などの温泉で修業を積み明治22年からあつみ温泉でこけしを作った。後を継いだのが二代目の常吉、現在は三代目の阿部進矢でその作は、おおらかな印象で愛らしく一目出会ったら忘れられないとファンが多い。現在は受注生産のみ。
みちのくこけしまつり最優秀賞、内閣総理大臣賞(平成11年)
温海こけし
昭和26年6月に国の天然記念物に指定された山五十川の玉杉は、熊野神社境内に根を張る。
根本の周囲19m、目通り幹囲10m、高さ33mに達する杉の巨樹です。
樹冠は均整のとれた半球状であるために「玉杉」の名があります。
樹齢およそ1400年と伝えられますが今でも緑鮮やかです。
国指定天然記念物(昭和26年




出羽・越後の国境として重要な役割を果たした関所址。
「白河の関」「勿来の関」と並んで奥羽三古関のひとつに数えられ、勧進帳の舞台であると伝えられています。
江戸時代は「鼠ヶ関番所」と呼ばれ、庄内に酒井氏が入部された元和8年(1622)以降に整備されました。
鶴岡市指定史跡(平成元年)
今から約400年前、元村上屋旅館・佐藤茂右ェ門が盆栽の松を庭に地植えし、これを代々庭師に手入れさせ、つくり上げた黒松。
平成6年に世界的に有名な造園家・中島健氏の設計により現在の庭園が完成し、住民や観光客の憩いの場になっています。
山形県指定天然記念物(昭和30年)
山戸能と共に山五十川地区で伝承されてきた。この歌舞伎は河内神社に奉納する神事歌舞伎であり、山戸能と一緒に公演されます。
演目は役者総会で決定されるが院本歌舞伎の時代物が圧倒的に多い。
昭和45年には斎藤茂吉文化省を受賞するなど、内外で高く評価されています。
山形県指定無形民俗文化財(昭和61年)

山五十川地区に伝わる能楽で、その発祥は確かな文献もないほど古いもの。
謡は観世流であるが、「座揃囃子」と「恋慕の舞」は全国でも珍しい特色を持っています。
明治30年頃までは120番あった曲目も今では9番だけで、毎年5月と11月に奉納上演が行われます。

山形県指定無形民俗文化財(昭和39年)
関川地区で受け継がれてきたしな織は日本の代表的な古代織のひとつ。
すべての工程が手作業でなされ、しなの木の皮から糸を作り織りあがるまで1年を要します。
平成17年には「羽越しな布」として国の伝統的工芸品に指定。今だからこそ木のぬくもりを、飾らない素朴な美しさ、それが温海が誇る、しな織。
現在では、バッグ、帽子、のれん等の品に加工されています。国指定伝統的工芸品(平成17年) 鶴岡市指定無形民俗文化財(平成7年)
山五十川の玉杉
近世念珠関址
念珠の松庭園
山五十川歌舞伎
山戸能
関川のしな織
温海の奥深さを知ってください。
歴史ある温海の今も昔も変わらぬ風景がそこにあります。
 温海には、地域内各地から出土した石器、土器により、縄文時代に先住民族が居住していたものと推測される。
 古代以後、温海の開拓に結びつくのは、斉明四年(658年)阿倍比羅夫が叙位を行った都岐沙羅柵である。この都岐沙羅柵の場所については定説もないが、学者により鼠ヶ関説を唱えるものもあり、また、木野俣付近説もあるが、北進の状況からも、温海地域内とする説が強い。
 昭和四十三年に発掘された古代鼠ヶ関址は、十一世紀から十二世紀以前からのものとして判定されていることからも温海地域の起源はおよそ千年から千三百年の昔に遡ることができると思われる。
 そのはじめ、広く出羽国として呼ばれていたが、後年豪族の支配するところとなり、鎌倉時代に武藤氏の所領となった。それから約四百年を経て、一時、上杉氏の領となったが、間もなく最上氏の領するところとなり、ついに江戸時代、元和八年酒井氏の領となり明治に至った。
 地方の行政制度の変貌も激しく、明治五年大小区制、明治八年肝煎を廃止し村長の設置、明治十一年に西田川郡の設置、明治二十二年に町村制の施行で、温海村からの分村による山戸村の誕生、昭和二十九年の町村合併促進法により一町三ヶ村が合併し温海町となる。
 その後温海町は、平成十七年十月一日に、旧鶴岡市、藤島町、羽黒町、櫛引町、朝日村と合併し、新鶴岡市の一部となり現在に至る。
歴史
温海地域の

本文へスキップ


































































































































































その他
facebook
食べる・買う
スタッフブログ
見る・泊まる
温海(あつみ)地域について
info@atsumi-spa.or.jp
営業時間 :8:30〜17:00 木、日曜定休